オフィスで使える販促品が嬉しい

オフィスで使える販促品が嬉しい

雑誌や化粧品にオフィスで使える販促品が付いてくる

商品を売っていくのに、おまけをつけることは多々あります。
そのおまけが目的で、商品の購入動機になることもあるのです。
こうしたおまけ商品のことを、一般的に販促品と言うのです。
販促品は化粧品販売においてよく見受けられるのです。
化粧品は外国のブランドメーカーも多いものです。
フランスの高級ブランドメーカーも化粧品販売に力を入れており、高級ブランドのロゴを使ったトートバッグを販促品にすることがあるのです。
販促品のブランドバッグは、ブランドのブティックに行っても売られておらず、購入することもできないのです。
そのためそのトートバッグが欲しければ、そのブランドの化粧品を買うしか手に入れる方法はないのです。
このように販促品は、販促品自体に付加価値をつけて、本来売りたい商品をうまく売っていくことに成功できるのです。
こうした販促品の戦略は化粧品に見られるだけではありません。

最近女性ファッション誌の売り上げが不調です。
その理由は、インターネットで女性雑誌が閲覧できるようになっているので、本来のファッション誌の売り上げが伸び悩んでいるのです。
雑誌社にとって、雑誌が売れないのは死活問題です。
そのためなんとか雑誌の売り上げを伸ばそうと、最近のファッション誌の多くに販促品が付録として付くようになっているのです。
ファッション雑誌によっては、オフィスでもOLが使えるようなタンブラーを付録としてつけたり、どんな洋服にも合わせられるスカーフを付録としてつけたり、時には有名ブランドメーカーと共同でデザインしたバッグが付録としてつく場合もあるのです。
女性の中には、付録が目当てで雑誌を購入する人も増えてきており、ここでも販促品の効果をみることができるのです。
販促品はノベルティーとも呼ばれ、企業のあいさつ回りの時にも用いられるのです。
新年の挨拶時には、社名の入ったタオルを販促品として配ったりもするのです。
人はものをもらうとお返しをしなければいけない心理になるのです。
その心理につけこみ、企業はなんとか多くの注文を得たいと考えているのです。

オフィスでも話題のこの話、以下のWEBサイトがお勧め



Copyright(c) 2014 オフィスで使える販促品が嬉しい All Rights Reserved.